ブログ

準危険運転致死罪(仮称)新設か

法務省は16日、交通事故の危険運転致死罪(法定刑上限、死亡の場合懲役20年、負傷の場合懲役15年)と自動車運転過失死傷罪(法定刑、死傷ともに7年)の隙間を埋める法改正の原案を法制審議会に示したとのことです。新たに設ける法定刑は、死亡で15年、負傷で12年というもの。

最高で懲役20年が科せられる危険運転致死傷罪は適用の要件が厳しく、交通事故の遺族らから適用拡大を求める声がようやく届いたようです。

法改正後は、京都府亀岡市の府道で18歳の少年が無免許で軽自動車を運転し小学生ら10人を死傷させた事故や福岡での事故のような飲酒後逃げたほうが得をする“逃げ得”などにも適用され、さらに危険運転致死罪の対象範囲適用も拡大される見込みなので、法律の矛盾が解消され公平な罰則が適用されることになるなりそうです!

しかし、危険運転致死罪の法律案をまとめる段階で危険運転致死罪と自動車運転過失死傷罪の隙間ができるであろうことについては想定外だったのでしょうか?後手に回っていますね。。

関連記事

  1. 東京海上未払い問題、強気の対応!?
  2. 金融ADR 10月スタート 任意保険も対象
  3. ブラットパッチが保険適用決定!!(脳脊髄液減少症)
  4. 過去の事故で頸椎捻挫で14級だと今回認定にならないのでしょうか?…
  5. # 画像所見なしでも「高次脳機能障害」
  6. 福井地裁、自賠法 センターラインオーバーでもらい事故された側に賠…
  7. 横領:賠償金など9億着服元弁護士に懲役14年 岡山地裁
  8. 14級と受傷態様

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP