HOME > 逸失利益

逸失利益

逸失利益とは、被害者が交通事故による後遺障害が残存しなければ
これから将来、当然得られたであろうとされる利益のことです。

逸失利益は計算式が確立されており、基礎的な収入をどこに求めるか
そして労働能力喪失期間を何年ともとめるかが重要なポイントとなります。


例えば、主婦兼パートの場合。
【収入】
・パート収入
・女子全年齢別平均賃金
のいずれを選択するかによります。損害額は変わっていきます。

【労働能力喪失期間】
・重い障害の場合、就労可能年数67歳までとなります。
・軽い障害の場合、何年とみるか。
例えばむちうちの場合2年なのか3年以上なのか?
単純には決まりません。具体的な所見や症状から立証する必要があります。

【逸失利益の計算式】は
収入額×労働能力喪失率×喪失期間に対応するライプニッツ係数
によってもとめられます。


※ライプニッツ係数とは、将来受け取るはずの金銭を前倒しで受けたるために得られた利益を控除するために使う指数です。

計算例

例えば、40歳会社員で年収500万円の被害者Aさんが、交通事故で脊髄損傷となり
後遺障害等級第1級1号の後遺障害と認定されたとしましょう。

ライプニッツ係数表から、年齢40歳では就労可能年数が27年
ライプニッツ係数が14,643とされています。 

後遺障害が重い例ですので67歳まで就労できるとして就労可能年数27年が
そのまま労働能力喪失期間として認められます。

Aさんの逸失利益を計算すると以下のようになります。

500万円×100/100×14.643=7321万円

このように計算するのですが、
収入について、未成年、主婦の場合証明の方法はかわってきますし、
事業主など確定申告がないため所得の証明できない場合しばしば問題になります。

労働能力喪失期間について、既述の例で比較的軽症な14級や12級(特に神経症状)の場合ですと
労働能力喪失期間は67歳までは認められません。
長く労働能力喪失期間を求めるのは個々を検証する必要があります。

労働能力喪失率表

障害等級 第1級 第2級 第3級 第4級 第5級 第6級 第7級
労働能力喪失率 100/100 100/100 100/100 92/100 79/100 67/100 56/100
障害等級 第8級 第9級 第10級 第11級 第12級 第13級 第14級
労働能力喪失率 45/100 35/100 27/100 20/100 14/100 9/100 5/100

就労可能年数とライプニッツ係数表

(18歳未満の方に適用する表)

  幼児・学生   有職者  
年齢 就労可能年数 係数 就労可能年数 係数
0 49 7,549 67 19,239
1 49 7,927 66 19,201
2 49 8,323 65 19,161
3 49 8,739 64 19,119
4 49 9,176 63 19,075
5 49 9,635 62 19,029
6 49 10,117 61 18,980
7 49 10,623 60 18,929
8 49 11,154 59 18,876
9 49 11,712 58 18,820
10 49 12,297 57 18,761
11 49 12,912 56 18,699
12 49 13,558 55 18,633
13 49 14,236 54 18,565
14 49 14,947 53 18,493
15 49 15,695 52 18,148
16 49 16,480 51 18,339
17 49 17,304 50 18,256

(18歳以上の方に適用する表)

年齢 就労可能年数 係数 年齢 就労可能年数 係数 年齢 就労可能年数 係数 年齢 就労可能年数 係数
18 49 18,169 39 28 14,898 60 11 8,306 81 4 3,546
19 48 18,077 40 27 14,643 61 10 7,722 82 4 3,546
20 47 17,981 41 26 14,375 62 10 7,722 83 3 2,723
21 46 17,880 42 25 14,094 63 9 7,108 84 3 2,723
22 45 17,774 43 24 13,799 64 9 7,108 85 3 2,723
23 44 17,663 44 23 13,489 65 9 7,108 86 3 2,723
24 43 17,546 45 22 13,163 66 8 6,463 87 3 2,723
25 42 17,423 46 21 12,821 67 8 6,463 88 3 2,723
26 41 17,294 47 20 12,462 68 8 6,463 89 2 1,859
27 40 17,159 48 19 12,085 69 7 5,786 90 2 1,859
28 39 17,017 49 18 11,690 70 7 5,786 91 2 1,859
29 38 16,868 50 17 11,274 71 7 5,786 92 2 1,859
30 37 16,711 51 16 10,838 72 6 5,076 93 2 1,859
31 36 16,547 52 15 10,380 73 6 5,076 94 2 1,859
32 35 16,374 53 14 9,899 74 6 5,076 95 2 1,859
33 34 16,193 54 13 9,394 75 5 4,329 96 2 1,859
34 33 16,003 55 13 9,394 76 5 4,329 97 2 1,859
35 32 15,803 56 12 8,863 77 5 4,329 98 2 1,859
36 31 15,593 57 12 8,863 78 5 4,329 99 2 1,859
37 30 15,372 58 11 8,306 79 4 3,546 100〜 1

0,952

38 29 15,141 59 11 8,306 80 4 3,546      

『適正な損害賠償を受けるには正しい後遺障害認定を受ける』
代表の行政書士福島広三と申します。
交通事故での後遺障害異議申し立てに特化した事務所で、医療調査での医師面談を得意としております。後遺症に関することでしたら、お気軽にお声掛け下さい。ご遠方でも出張いたします。

日本全国対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

  • TEL:078-361-7507
  • 【受付】9:00〜19:00
  • 【定休日】土・日・祝
  • 面談は定休日も可能です。(事前のご予約をお願いします。)

交通事故後遺障害.com

交通事故の後遺障害でお困りの方は
交通事故後遺障害相談.comへ
重軽傷問わず後遺障害の事前相談、事後の後遺障害診断書の検証や異議申立を中心に最後まで、
サポートいたします。
〒650-0022
神戸市中央区元町通4-6-20 ライオンズプラザ307号
【TEL】078-361-7507 【FAX】078-361-7506
【電話受付】9:00〜19:00 【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。(事前のご予約をお願いします。)

map拡大MAPはコチラ>>

後遺障害の事なら全国対応いたします。
078-361-7507
遠方の方向けフォーム
ご来訪ご予約フォーム
ご来訪が難しい方でも対応します。

■平成22年4月からのブログが新しくなりました。

■当事務所運営サイトです。
交通事故に関わる広い情報を掲載しております。

注目のキーワード
(後遺障害編) 
むちうち
 14級と12級 異議申し立て 
(損害賠償編)

慰謝料 逸失利益

カンパニー

交通事故後遺障害.com
■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ307号
【電話番号】078-361-7507
【受付】9:00〜19:00
【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

エリア

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。