12級14級 非該当のポイント

12級14級 非該当のポイント

▼詳細

■12級は画像所見と神経学的異常所見の整合性が必要
外傷性のヘルニアの場合で説明しましょう。
①画像上、神経圧迫が認められること②神経が圧迫されている部位とその神経の支配領域に神経学的異常所見が認められること、この2点が認められると12級認定の可能性が高くなります。
しかし
画像所見で異常あるものの、神経学的には異常が認められない場合、支配領域が異なる場合には12級の認定が低いといえます。

■14級認定には医学的に説明が可能であること
①画像上で外傷性の異常所見はないものの、②変性所見が認められなど、事故が原因で痛みが発症し、終始痛みが一貫していることが、医学的に説明できることが条件となります。

■前述の何れにも該当しない場合
後遺障害に該当しません。
しかし、ここで注意が必要なのは、ご自身で判断しないことです。
この記事がお目にかかった時に、痛みがあるのならご一報下さい。解決策探しましょう!

アクセス

【電車でお越しの場合】
JR:「元町」駅西口より西へ徒歩5分
神戸高速鉄道:「花隈駅」東口から南に徒歩2分

【自動車でお越しの場合】
阪神高速「京橋」出口より2号線へ。信号「中央突堤」にて右折し4つ目の信号で左折してください。
200メートル直進、左手ライオンズプラザに当事務所がございます。

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP