RSDが否定された事例1

RSDが否定された事例1

▼詳細

第一審でRSDが認められた判決の控訴審は

被害者は一般的な診断基準から考え、RSDには該当しない。
RSDには、時期、進行具合により症状が変化し、重くなっていくという経過があるが
 本件被害者はそのような変化が見られない。

被害者には筋委縮、骨萎縮といった症状が無く、これらの症状が無い場合は
 RSDと診断する事が出来ない。

といった理由から被害者のRSDを否定した。

また、右手を使用して自転車を運転出来る等といった事から、被害者の主張する様な
症状があるとは認めにくいとし、「被害者の本件事故後の症状は、右肩関節痛、右肩関節運動制限に限られるとし、これらは、右関節周囲炎によるものと認められる。そして、右肩関節痛、右肩関節運動制限といった症状は、右肩関節周囲炎の症状程度のものにすぎない」として、後遺障害等級12級6号に該当するとし、症状固定後から10年間、14%の労働能力喪失と判断した。

アクセス

【電車でお越しの場合】
JR:「元町」駅西口より西へ徒歩5分
神戸高速鉄道:「花隈駅」東口から南に徒歩2分

【自動車でお越しの場合】
阪神高速「京橋」出口より2号線へ。信号「中央突堤」にて右折し4つ目の信号で左折してください。
200メートル直進、左手ライオンズプラザに当事務所がございます。

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP