ブログ

14級と受傷態様

他角的に証明が難しい後遺障害の場合、受傷態様は重要の判断材料です。受傷態様は、事故状況や物損の程度(修理金額)などでおおよその判断がつきますので、事故の衝撃度を証明するこおとから始まります。

交通事故の後遺障害診無料相談会(H27・7月度)

7月29日(水)・7月30日(木)

詳細はこちらです!

関連記事

  1. # 画像所見なしでも「高次脳機能障害」
  2. 30年前の事故で1億円賠償(高次脳機能障害)!!
  3. 後ろから抱きつかれ脊髄損傷 素因減額?!
  4. 準危険運転致死罪(仮称)新設か
  5. 横領:賠償金など9億着服元弁護士に懲役14年 岡山地裁
  6. ブラットパッチが保険適用決定!!(脳脊髄液減少症)
  7. 過去の事故で頸椎捻挫で14級だと今回認定にならないのでしょうか?…
  8. 東京海上未払い問題、強気の対応!?

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP