ブログ

過去の事故で頸椎捻挫で14級だと今回認定にならないのでしょうか?

過去に頸椎捻挫で14級が認定となった方が、2度目の事故で頸椎捻挫を患った場合、14級を超える等級でないと認定にならないというのが定説となっています。いわゆる加重障害というものです。

加重障害についての説明はこちら

頸椎捻挫の場合、頭痛、吐き気、疼痛、運動時痛、めまい、耳鳴り、上肢のしびれなど

なかでも、しびれについては、2回目事故で発症した場合は同じ14等級を認められる可能性があります。1回目の事故ではシビレがなくて、今回の事故でしびれが発症した場合がそうですので、心当たりのある方は、弊事務所までご相談ください。

h27.11月度、交通事故後遺障害・無料相談会は
10日(火)と25(水)に実施させていただきます。

詳細はこちらまで

関連記事

  1. 30年前の事故で1億円賠償(高次脳機能障害)!!
  2. 横領:賠償金など9億着服元弁護士に懲役14年 岡山地裁
  3. うつびょうの症状を客観的に診断
  4. # 画像所見なしでも「高次脳機能障害」
  5. 準危険運転致死罪(仮称)新設か
  6. 福井地裁、自賠法 センターラインオーバーでもらい事故された側に賠…
  7. 14級と受傷態様
  8. 金融ADR 10月スタート 任意保険も対象

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP