ブログ

うつびょうの症状を客観的に診断

生死を分ける大事故に遭うと、フラッシュバック現象などの様々な症状が現れ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)という病気を患うことがある。症状が長引くとがやがて、うつ病の症状へと変化していくようだ。

そのうつ病の症状を客観的に判断できることを、広島大大学院(広島市)などの共同研究グループが世界で初めて発見したとのニュースを目にした。

以下ニュースの全文を記すが、将来この診断方法が確立すると、苦しくてものなかなか認められなかったPTSD患者の後遺障害が認定されやすくなり、多くの交通事故被害者が助けられるのではないだろうか。

・・・・・・・・以下産経新聞記事より・・・・・・・

鬱病(うつびょう)の症状を客観的に診断するための指標となりうる物質を、広島大大学院(広島市)などの共同研究グループが世界で初めて発見したと30日発表した。成果は米科学誌、プロスワン電子版に掲載された。鬱病はこれまで、医師が患者の症状をもとに主観的に診断する方法が主流だが、今回の発見では、血液を調べることで客観的な診断方法の開発に役立つと期待される。

 発見した研究グループの山脇成人(やまわきしげと)教授によると、鬱病の要因は世界で研究されているが、糖尿病診断での血糖値や高血圧診断での血圧値のような客観的な指標は発見されておらず、気持ちの落ち込みや意欲の低下などの症状から、医師が判断するしかなかったという。

 山脇教授らは脳内に多く存在するタンパク質である「脳由来神経栄養因子(BDNF)」をつくる遺伝子に着目。未治療の鬱病患者20人と、鬱病でない18人の血液を採取して解析したところ、この遺伝子の中で起きる「メチル化」と呼ばれる化学反応をみると、鬱病患者にだけ特有のパターンが見つかった。過度のストレスが異常なメチル化を引き起こした可能性があるとみられる。

 BDNFは神経細胞の成長に不可欠な栄養素の物質で、これまでも動物実験などで鬱病と深い関係があることを示す研究データはあったが、BDNFの血液中の濃度に関する研究では関連が証明されていなかった。今回の手法が実用化できれば、費用は1万5千円程度で、2日間で結果が出るという。

 山脇教授らは「さらにデータを集め、抗鬱薬の投与や病状の変化と、メチル化の程度の変化の関連性などを調べて、鬱病の客観的な診断方法を確立したい」としている。

次回無料相談会

9月13日(火)

詳細はこちらまで

関連記事

  1. 準危険運転致死罪(仮称)新設か
  2. 14級と受傷態様
  3. 後ろから抱きつかれ脊髄損傷 素因減額?!
  4. 福井地裁、自賠法 センターラインオーバーでもらい事故された側に賠…
  5. # 画像所見なしでも「高次脳機能障害」
  6. 30年前の事故で1億円賠償(高次脳機能障害)!!
  7. 金融ADR 10月スタート 任意保険も対象
  8. ブラットパッチが保険適用決定!!(脳脊髄液減少症)

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP