ブログ

障害保険の後遺障害等級について

突発的な怪我で残念ながら後遺障害が残ってしまうことがあります。このようなケースでも後遺障害補償付きの障害保険に加入していれば一時金として支払いがります。補償内容は、交通事故のように交渉等し金銭UPをするようなものでなく約款に基づいた定額的一時金払いとなるものが多いように見受けます。等級認定の基準は自賠責や労災を準用しているものもあれば、労災などでいう14級や12級の神経症状は後遺障害として認めないものもあります。これらは、まず保険約款を確認することから始めることが大切です。約款を確認すれば基準が記載されているので、ご自身の状態と照らしあわせてあるていど判断できるでしょう。しかし、判断がつかない場合や、納得がいかないよう場合、交通事故同様に納得がいかないということで、異議申立てをすることも可能です。

まれに自動車保険の人身傷害特約でも誤った等級を見受けることもあるのでご注意ください。

次回無料相談会

平成24年3月16日(金)

詳細はこちらです。

関連記事

  1. 近年の後遺症認定審査の傾向について
  2. 10月から変わること
  3. 元気になりました。
  4. 行政書士が後遺障害に特化することの意義
  5. 本日業務再開!!
  6. 脳脊髄減少症・患者救出の大きな前進
  7. 事故における公正証書の役割
  8. 年末のご挨拶

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP