ブログ

行政書士が後遺障害に特化することの意義

幣事務所は、交通事故に関する「後遺障害」に特化させていただいております。示談交渉に関しては、お客様に弁護士特約がある場合、弁護士へと繋ぐこととしており、そうでない場合、弁護士を紹介するか、ご自身で交渉するか、また交通事故紛争処理センターの利用をするか等の選択枝をお示ししお客様に選択してもら様にしております。

後遺障害に関することだけをするというと、依頼する価値がないのでは?と思われる方もおられるかもしれません。しかし交通事故問題において最も重要かつ労力を必要とするところなのです。後遺障害の認定の有無で将来の補償は大きくかわります。多少大げさかもしれませんが、理解のある医師(頑固でも耳を傾けてくれる)と後遺障害に専念している行政書士にかかわることで補償が決まるといってしまってもいいかもしれません。

プライドの高い医師

気難しい医師

交通事故の揉め事にかかわりたくない医師

から被害者にとって利益のある材料を引き出せるか、ここに関しては、弁護士よりも行政書士が適しているといえます。

行政書士は、「後遺障害」

弁護士は、「交渉」

とお互い役割分担ができるといいですね!

次回、交通事故無料相談会

平成25年9月17日(火)~平成25年9月20日(金)
特に後遺障害についてのご相談をお受けしております。

まずは、ご予約下さい。

詳細はこちらまで

関連記事

  1. 車両制限令講習会に参加してきました。
  2. 障害保険の後遺障害等級について
  3. 医師面談の効果
  4. 交通事故セミナー
  5. むちうちの症状は残っているのに『MRI検査で異常なし』といわれた…
  6. つけていて良かった、弁護士特約
  7. 後遺症認定を弁護士に1年間も放置されていた!
  8. ご紹介

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP