ブログ

車両制限令講習会に参加してきました。

運輸についてお話します。

今日は、運送会社の社長と大阪吹田まで「車両制限令講習会」に参加してきました。

講習会といえば聞こえがいいのですが、度重なる違反に対して、道路管理者から一から勉強をしろという意味合いで、講習会に呼び出されたというところです。

車両制限令とは、一定の制限を超える車が走行すると道路を損傷する原因となるため、車両の積荷などに制限をかけたもので、特殊車両通行許可制度により予め道路管理者に対して、「道路を通行していいですか?」という申請をし、許可を取得しておく必要があります。

この許可制度、無許可通行と条件違反に対して年々行政処分が厳格化されてきています。

罰金のほかにも高速道路のETC多頻度割引制度の利益を享受することができなくなることもあり、運送経営に大きなダメージをうけるため、当事務所としても顧客に許可取得を勧めるめるとともに、より良い条件の許可が取得できるように手続きをせねばと考えさせられました。

関連記事

  1. 後遺症認定を弁護士に1年間も放置されていた!
  2. 明けましておめでとうございます。(今年の抱負)
  3. 医師面談の効果
  4. 行政書士による医療調査が活発なようです。
  5. 年末のご挨拶
  6. 医療照会
  7. 行政書士セカンドオピニオン、活用法
  8. 時効中断請求をしておきましょう!

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP