ブログ

労働能力喪失期間5年の満額回答

14級9号の『むちうち』の逸失利益(労働能力喪失期間)というのは3年~5年というのが多いようだ。保険会社の提示は精々2~3年というのが多く見受けられる。紛争処理センターを使ってようやく4~5年というところ。

今回は同センターを使うことなく、5年の主張がとおった。

同センターを使う場合は、出来るだけ争点を絞ってから挑むのが得策といえる。絞ることによって出席頻度も少なくてすむし、なによりも被害者にとっていい条件で示談ができている傾向が強いからだ。

慰謝料的なものは相場が決まっているのだから、等級さえ適性であらばスムーズにいく、問題は前述のとおり逸失利益なのだ。労働能力喪失期間の認定と個人事業主の場合の基礎収入の認定などは同センターを利用する前に詰めておきたいところ。

次回無料相談会

平成22年11月24日(水)

詳細はこちらまで

関連記事

  1. 仕事納め
  2. 鎖骨骨折による機能障害の等級
  3. 肩棘上筋腱板損傷のMRI検査の結果
  4. 事故に遭ってしまった。
  5. 肩棘上筋腱板損傷
  6. 士業間の交流
  7. 行政書士さんに依頼するタイミングはいつですか?
  8. 後遺障害の支払い増加で自賠責保険料値上げ!!

関連メディア

Company

交通事故後遺障害.com

■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ元町3階

【電話番号】078-361-7507

【受付】9:00~19:00

【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

Area

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。
PAGE TOP