交通事故のタイムリー情報

HOME > 交通事故のタイムリー情報

後遺障害の判例

鎖骨変形による逸失利益を肯定した例2

鎖骨変形による逸失利益を肯定した例2

大阪地方裁判所、平成10年3月27日

詳細

自賠責で14級認定のところ他覚所見の認められる神経症状として12級を認定した事例

自賠責で14級認定のところ他覚所見の認められる神経症状として12級を認定した事例

大阪地方裁判所、平成18年4月25日

詳細

鎖骨変形による逸失利益を肯定した例

鎖骨変形による逸失利益を肯定した例

東京地方裁判所、平成13年10月26日

詳細

実際の影響を評価して、労働能力喪失率を減ずることはしなかった事例

実際の影響を評価して、労働能力喪失率を減ずることはしなかった事例

東京地方裁判所、平成18年2月17日

詳細

関節の可動域制限等で10級10号を主張したが参考運動の制限では足りないとした事例

関節の可動域制限等で10級10号を主張したが参考運動の制限では足りないとした事例

東京地方裁判所判決、平成17年6月30日

詳細

裁判により自賠責の認定よりも重い等級を認めた事例

裁判により自賠責の認定よりも重い等級を認めた事例

大阪地判平11・7・29交民32・4・1

詳細

自賠責では非該当で、ヘルニアは既往症だと認められつつも、14級を認定された事例

自賠責では非該当で、ヘルニアは既往症だと認められつつも、14級を認定された事例

京都地判平12・7・13自保ジャーナル1

詳細

自賠責では非該当だったが、ヘルニアの発症とその時期により認められた事例3

自賠責では非該当だったが、ヘルニアの発症とその時期により認められた事例3

神戸地判平13・9・5交民34・5・12

詳細

自賠責では非該当だったが、ヘルニアの発症とその時期により認められた事例2

自賠責では非該当だったが、ヘルニアの発症とその時期により認められた事例2

横浜地判平12・5・30自保ジャーナル1

詳細

自賠責では非該当だったが、ヘルニアの発症とその時期により認められた事例1

自賠責では非該当だったが、ヘルニアの発症とその時期により認められた事例1

浦和地判平12・3・29交民33・2・6

詳細

RSDが否定された事例1

RSDが否定された事例1

高松高判平11・2・16判タ1050・2

詳細

神経学的根拠がなくても、骨萎縮が認められることから認定された事例

神経学的根拠がなくても、骨萎縮が認められることから認定された事例

札幌地判平14・4・26自保ジャーナル1

詳細

『適正な損害賠償を受けるには正しい後遺障害認定を受ける』
代表の行政書士福島広三と申します。
交通事故での後遺障害異議申し立てに特化した事務所で、医療調査での医師面談を得意としております。後遺症に関することでしたら、お気軽にお声掛け下さい。ご遠方でも出張いたします。

日本全国対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

  • TEL:078-361-7507
  • 【受付】9:00〜19:00
  • 【定休日】土・日・祝
  • 面談は定休日も可能です。(事前のご予約をお願いします。)

交通事故後遺障害.com

交通事故の後遺障害でお困りの方は
交通事故後遺障害相談.comへ
重軽傷問わず後遺障害の事前相談、事後の後遺障害診断書の検証や異議申立を中心に最後まで、
サポートいたします。
〒650-0022
神戸市中央区元町通4-6-20 ライオンズプラザ307号
【TEL】078-361-7507 【FAX】078-361-7506
【電話受付】9:00〜19:00 【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。(事前のご予約をお願いします。)

map拡大MAPはコチラ>>

後遺障害の事なら全国対応いたします。
078-361-7507
遠方の方向けフォーム
ご来訪ご予約フォーム
ご来訪が難しい方でも対応します。

■平成22年4月からのブログが新しくなりました。

■当事務所運営サイトです。
交通事故に関わる広い情報を掲載しております。

注目のキーワード
(後遺障害編) 
むちうち
 14級と12級 異議申し立て 
(損害賠償編)

慰謝料 逸失利益

カンパニー

交通事故後遺障害.com
■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ307号
【電話番号】078-361-7507
【受付】9:00〜19:00
【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

エリア

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。